CRT認定!

嬉しい時もテキーラ、悲しい時もテキーラ!

先日、念願のCRTの認定を頂きました。
CRTとは、メキシコ政府によって承認されている「テキーラ規制委員会」のこと。
簡単にいえばメキシコの国を代表する、本物のテキーラを守る検査・認証機関です。

テキーラのアジア輸出量のほとんどが日本!
CRTはその日本の多くのテキーラに関わる業種の方々、テキーラ好きの方々に
テキーラへの知識、取り巻く文化と歴史的背景、保証された正しいテキーラを区別できることなどを目的としたプログラムを受ける事ができます。

2日間8時間ほどのセミナーを受け、修了証を頂きました。
2日目セミナー受講後にはメキシコ大使館!で懇親会。もちろん乾杯はテキーラ。
まだ日本未発売のものや珍しいものも沢山いただきました♪
英語、スペイン語の飛び交うとてもグローバルなパーティ。テキーラを愛する方々ととても楽しい時間をすごさせて頂きました。

先日はテキーラソムリエのツアーでメキシコにも行き、さらにテキーラ大好きな私にとっては、もっと詳しくテキーラのことを知り、CRTの方に直接質問もさせて頂けるという最高に有意義で楽しい2日間でした!

CRTが日本で受けられるのは今回は2回目。京都と東京でしたが、東京は25名の店員を上回って30名以上の参加だったようです。東京からでなく、富山の方や和歌山の方など遠方から来ている方もいて、テキーラの人気と注目が集まっている事をますます感じましたー。

メキシコにとってテキーラとは国を代表するお酒であり、長い歴史とともに人の営みによって守られてきたもの。
原料のアガベ・アスールがテキーラになるべく収穫されるまでの育成期間は最低でも7年ほど。
さらにそこから樽熟成させたとしたら、ひとつのお酒をつくるまでに8年~10年近くかかる。。
さあ、テキーラつくろう!なんて思ったってすぐできるわけじゃない。

テキーラが大事にされている理由も比較的高級な理由も分かります。

全てのことにいえますが
なんにせよ、長年続けて努力することってとても大変でなおかつ一番大事なことなんですよね。

お店として、このテキーラへのあふれる愛を(笑)もっと多くの方に伝えていこうと思います。

メキシコ大使館にてCRT講師のミルコさんより修了証の授与!↓↓↓↓↓↓
ミルコさん・・紳士的で素敵なお方でした**

修了証↓↓↓額縁に入れて飾っておかなくちゃ
f:id:tacoscafe:20110124081053j:image:w360

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中